マネの木農家はじめました。

貧乏なマネの木農家が不労所得生活を夢見てマネーのなる木を大きく育てます。

税金を払わずに毎月5万円収入をアップさせる方法

スポンサーリンク

お金を稼げば税金を払うことはつきものですが、今回は税金を払わずに毎月5万円、年間60万円の収入をアップする方法をご紹介します。

もちろん、ただ何もしないで収入がアップするという話ではありません。

まず、今あなたがどうやってお金を稼いでいるか、そして、あと5万円をどうやって稼ぐかということがポイントになります。

 

①今現在、会社からお給料をもらっている場合

今現在、会社からお給料をもらっている場合は、事業所得で稼ぐことを考えましょう。例えば、業務委託のアルバイト、個人事業などがあげられます。

「業務委託」のアルバイトは、配送の仕事やリラクゼーション店のセラピスト、ポスティングのスタッフなど出来高に対して支払われる仕事に多いです。会社から給料を支払われるのではなく、会社と業務委託契約をしてあなたが個人事業主という形で働くことになります。もちろん、上記の仕事も給料として払われる場合もあるので、会社との雇用関係の有無をしっかり確認することが必要です。

個人事業はいろいろありますが、自宅でアロマエステのお店を開業、アフィリエイトなど自分で事業を始めることです。

そしてここからが大切なのですが、「個人事業の開業届出」と「青色申告承認申請書」を管轄の税務署に提出して、所定の帳簿を作成し「確定申告」をする必要があります。

なんだかとっても難しそうな話になってきていると感じるかもしれませんが、帳簿作成なども簡単にできるPCソフトが出ていますので、自分でいろいろ調べる気力があれば意外とできてしまいます。そうすると青色申告控除で65万円の控除が認められますので、売り上げから経費を引いて年間65万円以下の場合は事業所得が0円になりますので税金を0円に抑えることができます。場合によっては月5万円といわず、大きな収入になる可能性もありますね!

会社で副業が認められていない場合は使えないので注意が必要ですが、主婦の方で扶養控除内を意識して仕事をしている方には新たな収入源として検討の余地がありそうです。

 

②今現在、個人事業主として働いている場合

今現在、個人事業主として業務委託の仕事や個人事業を営んでいる場合には①とは反対に会社と雇用関係を結びお給料をもらえるアルバイトをすることです。

この場合、最低65万円の給与所得控除が認められますので毎月5万円程であれば税金を払わずに収入を増やすことができます。

 

③今現在、仕事をしていない、年金暮らしの場合

今現在、仕事をしていない、年金暮らしの場合は上記①②の両方の方法を取ることができます。①の青色申告控除65万円②の給与所得控除65万円にプラスして基礎控除38万円を合わせることができますので、(年金の所得が控除で0円の場合に)すべて合わせて年間168万円の収入までは税金を払わずに働くことも可能です。

 

以上、税金を払わずに毎月5万円収入をアップさせる方法でした。

これらの方法はもちろん脱税をしているわけではありません!

国に認められた控除ですので、堂々と利用していきましょう。

スポンサーリンク